アニメとパソコンと家電などの日記


by sendo6
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2004年 12月 ( 23 )   > この月の画像一覧

(忙しくてしばらく更新が途絶えてました...久々に書きます。)

千年前の魔物のボス「ゾフィス」とシェリーとの戦い。ガッシュたちとはまだ合流していないのだが、それでもなかなか見せる戦いである。
先週、ゾフィスのパートナーが助けに来たはずのココ当人であると知るシェリー。
過去のいろいろな話の裏を聞かされて心の力が弱まっていく...

そしてついに心の力が切れるシェリー。
ゾフィス: 「人の心が崩れるのを見るのはいつみても...快感だああああ!」

今週はこのセリフが秀逸でした。

心を崩そうとあれやこれや話すココとゾフィスに対しシェリー側の心の葛藤も描かれており、このあたり一種の心理戦みたいなやり取りがあって、なかなか深い。

完全に子供向けアニメなのだが、戦いの場面も、こうした細かいやり取りも楽しめます。

評価: 85点
[PR]
by sendo6 | 2004-12-26 08:43 | アニメ
今回は海でバイトしている舞衣のところに偶然、学校のみんなが創立際の打ち上げできて合流する。
やたら登場人物の多いこの作品、今回もこのシチュエーションなので、当然、人物関係の絡みはややこしいのだが、結構それぞれの関係を描いていて良かった。

それにしても、舞衣もなつきも何で夜中に水着のままでうろうろしてるのかなー。ま、サービスってことでいいんだけどもさ。

夜の海辺でなつきに偶然抱きついてしまう剣道部?の男子(名前忘れた)。このときのなつきの恥じらい具合が、いつも怒ったようにまじめななつきだけに、なかなか萌えた。

ボートに乗っていて海中から手が出てきたときのなつきの驚き具合も良かったね。自分もちょっと怖かったよ、命だったんだね。ふー、脅かさんといて。

でもって最後のなつき。「はーい、の・せ・てっ」には参りました。完全にキャラ違うじゃないの(笑)。その後、黎人さんらにも笑われて恥ずかしがりまくるなつき。いやーいいですね。かなり今回はポイントアップしましたよ。

話としてはつなぎ的な回でしたけど戦いがなくても面白いのがこの作品のいいところですね。

評価: 80点
[PR]
by sendo6 | 2004-12-14 00:26 | アニメ
Vモンキーが出てきていらい、ライバルたちはそれを破ることに躍起になっている。そして、わりと簡単に破られてしまいそう。
と思っていたら、案の定、蒲生さんがぶっつけてきてVモンキー破り。SG初優勝しました。
蒲生さんはわりと好きなキャラですので今後もがんばってほしいです。
(といっても結果は原作で決まってしまってるわけだが....)

ところで今回は前半、TV番組の場面が多かったのだが、それを表現するのに、黒い横線を何本も走らせるのはやめてほしかった。TV中TVという表現としてはわかりやすいが、はっきり言ってかなり見ずらかったです。

今回はここぞという一押しポイントがなかったのでちょっと点は辛め。

評価: 75点
[PR]
by sendo6 | 2004-12-13 23:50 | アニメ
まあ、どうでもいい回ですな。つなぎというか。
要は菊丸と大石の昔話です。

オリジナル話としてはまあまあです。でも1.5倍速早見で見てしまいました。
感想をひとつだけ言わせてもらうと....
菊丸、アンタ、自分のことを様付けで呼んでる時点で、負け確定ですから!残念!!
いつまで続くのおーオリジナルつなぎ話いっー、斬り!

そろそろ切腹したほうがいいのではないでしょうか、このアニメ。

評価: 35点
[PR]
by sendo6 | 2004-12-13 23:42 | アニメ
前半はキルヒナーという見た目70歳以上の男が盲目の妹シベールを助けて逃げるが追い詰められる。例のゲド機関で何やら電撃を発する力を身につけているキルヒナー。これはベフォ子達の技術であるらしい。ベフォ子達とこのゲド機関の関係は....

オエセル、ゾーン、エンマなどなぞの言葉頻出で相変わらず話に謎は多いがついていけないほどではなくなってきた。

後半はヘルガとトーマとその家族たちのホンワカしたやり取りが続いている話だが、最後はやはりいつもの絵を見てないているヘルガ、それを見て心配そうなトーマ母。

話は展開していっている。謎はまだ多いが最初に比べればずいぶんいい感じである。

評価: 75点
[PR]
by sendo6 | 2004-12-12 23:37 | アニメ
草加に資料室を見せる門松。食事もとらず戦争の行方、戦後の出来事など未来が書かれた書物に読みふける草加。こりゃーショッキングだよね。特に戦争真っ只中のエリート軍人が読むんじゃ驚きも半端じゃないでしょう。それにしても草加は状況適応能力がすごいですね。特にパニくるわけでもなく冷静に敗戦の事実を受け止めています。

さて後半は偵察に出た哨戒ヘリ「うみどり」が戦闘機に見つかってしまう。先制攻撃をしてはいけないので逃げまくる。向こうに攻撃されて破損状況を確認するパイロット。「損傷軽微、かすり傷だ、森、今度は....」といったところで副操縦士?森が撃たれていることに気づいたところで終わるのですが....この場面はショッキングですね。

今回も良い出来、特に最後の演出で+5点

評価: 90点
[PR]
by sendo6 | 2004-12-11 21:15 | アニメ
ニナ、再登場。重いものを背負っているためいつもくらい顔をしていることの多いニナだが、今回はロッテとの絡みでダンスパーティーにいったりして、少々笑ってくれたところが良かった。
というか、ロッテ、まだ使うキャラだったのね.....

後半はヨハンを狙撃するために準備をするDrテンマの話。森の中で狙撃するのがよさそうだということになったのだが、ここで森のおじいさんのエピソードが入って、どうやらここで撃つのはやめようという展開になりそう。
うーん、こういうエピソードを入れるのは浦沢先生のうまいところなんだけれど、この話はちょっとなあー。気にしないで撃てばいいじゃないの、といった感想です。

ちょっと盛り上がりに欠ける回が多いこのごろのモンスター。

評価: 75点
[PR]
by sendo6 | 2004-12-11 18:34 | アニメ
今回はプラモの話。
ガンプラを作るのだが、ゲームと違ってスポンサーの関係か、ザコ、ガフ、など実名で出ていなかったのがちょと残念。

作るのは大野さんと笹原。先生は田中。それを見ていらいらする春日部サンがメインなのだが、みんなの会話に「日本語でしゃべれー」と怒る春日部サン。自分はガンプラは作らないがなんとなく会話の中身がわかってしまうあたり普通よりはオタク寄り?

春日部サンが「ちょっと触っていい?」と製作途中のガンプラを手にするたびにメンバーのみんなに走る緊張。BGMともあいまってこっちにまで緊張が伝わり、思わず肩に力が入ってしまった。(春日部サンが出て行ったあと肩こり感じましたマジで)
てことはアニメの演出の出来がいいてことなんでしょうね。

でも最後には結局、足を折ってしまい、「新しいの弁償するから」発言に切れそうになる田中。それを制して斑目のおもちゃとプラモの違いの説明にはみな納得するよね。春日部サンにもここでやっとわかってもらえたよう。

「お詫びに何でもするから」といってしまい大野さんに猫耳メイドバージョンのコスプレをお願いされる春日部サン。結局すんでのところでやらないで帰ってしまうのだが、それをやったときのことを想像妄想して萌えるメンバー。
笹原:「春日部サンの猫耳メイド....はじめは高ビーだけどやがて従順に...」っておいおい。春日部サンがそんな妄想知ったらえらいことだぞ(笑)。

田中は普段いい人で温厚っぽいのにプラモではこんなにヒートするのね。やっぱりおたくだ。

評価: 85点
[PR]
by sendo6 | 2004-12-11 13:39 | アニメ
・学年が変わり先生が変わる、現国の先生の自己紹介で先生がふらふら揺れているのが妙なリアル感。

・リュースケと偶然であって「これから練習するんだ見に来ないか」ってな軽いノリで仲直り。よかったよかった。こうでないと話が進まないもんね。で、練習見に言っていきなりギター弾くことに。

・平「始めて1年のレベルじゃないな」 竜介「ああ」
ギター練習しまくってよかったね、こゆき。アニメの中でもちゃんと毎日毎日練習しまくっていた描写があったから、ここで共感できる。あのギター練習の繰り返しの描写、いい仕事でしたね>アニメ版スタッフ。

・真帆ちゃんの家に行くコユキに竜介はいきなりコンドーさんを渡す。なんかかっこいー。って腹違いとはいえ妹だよね?ん、だから渡すのか?
でも結局真帆ちゃんに見つかり滅茶ボロにされるコユキ。真帆ちゃんこういう方面もっとクール&ドライなのかと思ったけど....

・不良話はうざいナ。早く片つけてほしいよ。なんでここまで嫌っていじめるのかね。でもいじめってそんなもんかもね。

・いじめの反動で校内放送で洋楽を流すコユキ。それがきっかけで桜井君って言う洋楽好きの友達が出来そうだ。彼もバンドに入るのかな?

総評: 相変わらずいい出来。生活や感情の表現もリアル。いよいよコユキがバンドに参加しそうで続きが早く見たくなるー。

評価: 85点
[PR]
by sendo6 | 2004-12-08 13:10 | アニメ
今週はよう子ちゃんが家出する話。まあたいした話ではない、つなぎ的な回ですね。
よう子ちゃんは個人的には割りと好きなキャラなのでよかったですけど、ま、話としては見るところはなかったです。
絵はいつもどおりなかなかよし。

評価: 60点
[PR]
by sendo6 | 2004-12-08 12:56 | アニメ