アニメとパソコンと家電などの日記


by sendo6
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:パソコン( 12 )

キーボードCMI-6D4Y6/B来たー!。これを買うためにUSBのCPU切り替え機をやめてPS2でも使えるマウスMX510とPS2のCPU切替機CG-PC2KVMをわざわざ買ったのだ。

しかし、買っただけのことはあった。キーボードでの入力効率が格段に良くなった気がする。何よりキーを打つのが楽しくなった。あと指に吸い付くような打鍵感が心地よい。
マウスは期待していたほどすばらしいって感じでもなかったがまあ悪くはないし見た目はかっこいい。5つボタンのうち戻る進むは結構なれれば便利かもしれない。

ついでにPS2のCPU切替機にしたことで切替が早くなった。これは副次的な効果なのだが、USBだと切替時に認識が必要だったのでXPではいちいち音が鳴ってタイムラグもあったのだがほぼ一瞬で切り替えられるようになった。これも結構大きなポイントかな。

とにかくトータル15000円近くしたが買ってよかった買い物でした。
[PR]
by sendo6 | 2004-12-01 23:19 | パソコン
とうとうキーボード買っちゃいました。
・メンブレン式の最高峰という評判のCMI-6D4Y6B(黒バージョン)。

ただしこいつがPS2なので今使っているUSBのCPU切り替え機が使えないため
・CPU切替機 コレガ CG-PC2KVM
・マウス LOGICOOL MX-510 (PS2/USBの両用)
も買うハメに。
キーボードだけなら4000円だがトータルで15000円ほどになってしまった。やれやれ。

届くのは今週中ぐらいになりそうだ。楽しみ楽しみ(^^)
[PR]
by sendo6 | 2004-11-28 10:44 | パソコン

キーボードほしい

ブログ書くようになってキーボードを使う機会が大幅に増えた。
ブラインドタイプは出来ないがせめてもう少しキータッチのいいものがほしい。

2chで調べて候補に上げたのは

●エレコム : TK-U12FY (USB): 安いわりにうちやすいらしい
●NMB   : RT6656TWJP (PS2) メンブレンの定番、名機との評判
●NMB   : CMI-6D4Y6 (PS2) 上記と同じもの?

ただ自分はCPU切り替え機がUSBキーボード用なのでUSBでないと切り替え機ごと買い替え必要になってしまうんだよなー。悩む。
[PR]
by sendo6 | 2004-11-27 11:37 | パソコン

電車男

いやー、遅ればせながら(なのかどうかわかりませんが)、先週は電車男に見事にはまりました。
書籍化されて発売されたそうで、なんでこれを読むことになったのか今はもう忘れてしまいましたが、(確かブログサーフィンをしてて見つけたのかな....)とにかくはまりました。

最初の一日目、AM1時ぐらいから読み始めてAM4時まで、ここで寝てしまい次の日、完読しました。こんなに一気に話を読んだのはハリーポッター第1巻以来のことです。
はじめ思っていたよりもずいぶん分量がありました。

内容は....もうこれは新しい文学の一形態ですね。すごい引き込まれます。なんといってもリアルです。一部には作り話を疑う声もあるようですが、そんなことはないでしょう。これが作り話なら逆に天才だと思います。

また2ちゃんて、たいていたたきレスが多い物だと思っていましたが、この板は毒男といいながら実に暖かい応援であふれていて、(興味本位だったとしても)2ちゃんを少し見直しました、そして新しい一面を見た気がしました。

まだ読んでない人はぜひ一読をお勧めします。本で買ってもよし、まとめサイトでただ読みしてもよし。一読の価値はあります。

ああ、それにしても俺もエルメスたんほしかったなー。
[PR]
by sendo6 | 2004-11-10 22:40 | パソコン
■ブータブルでSP適用済みのWinXP CDROMの作り方

前回Win2000での作成の仕方を書きましたがWinXPでもほぼ同様の方法で作成することが出来ます。

手順3のところを
Windows XP package v1.0 (wxp10.zip) (7KB)をダウンロードして解凍し、できたcdsフォルダ以下をcdsフォルダごとc:\bcdにコピーする。」
としてください。
あとはXPに沿ったフォルダに読みかえて同じようにやるだけです。
(今のところ試してはいません)
SPの適用の仕方はMSのページを参照すればわかります。
[PR]
by sendo6 | 2004-10-31 09:32 | パソコン
■Windows2000のブータブルCDの作り方■

この記事はMSDNでWin2000を入手できるがブータブルCDではないのでブータブルにしたいとかSP適応済みのブータブルCDを作りたいという人のために書いてます。(というか自分のメモ...)
ライセンスキーを入れなくていいCDができるとかのメリットもあります。
(不法入手できるわけではなく入力の手間が省けるという意味です)

1. BCD full package v1.1.1をダウンロードして適当なフォルダ(仮にc:\bcdとする)に解凍する。

2. Nero Aspi Library (wnaspi32.dll)をダウンロードしてc:\bcd\binにコピーする。

3. Windows 2000 package v1.0 (w2k10.zip) (7KB)をダウンロードして解凍し、できたcdsフォルダ以下をcdsフォルダごとc:\bcdにコピーする。

4. インストールするWindowsのi386フォルダ以下のファイルとフォルダをすべて以下のフォルダにコピーする
Windows 2000 Professionalの場合 c:\bcd\cds\w2kpro\files\
Windows 2000 Serverの場合 c:\bcd\cds\w2ksrv\files\
Windows 2000 Advanced Serverの場合 c:\bcd\cds\w2kadv\files\

5. すでにサービスパックの当たっているバージョンの場合は CDROM_SP.TSTもしくはCDROMSPx.TSTファイルもコピーする。
これがないとインストール中に「SPxのCDをドライブAにいれてください」というメッセージが出てしまう。

6. オプションとして以下のファイルをコピーしておいてもよい(必ずしも必要ではない)
autorun.inf read1st.txt readme.doc setup.exe

7. MSDNから入手したCDを使う場合、i386\txtsetup.sifファイルを編集することでソースパスを変更できる。
セクション[SetupData] SetupSourcePath = "\"

8. MSDNから入手したCDを使う場合、i386/setupp.iniファイルを編集することでプロダクトキー入力をスキップできる。
Pidナンバーの最後の3文字を270にすればOK。(その他の部分は元々の数字にしておく)
[Pid]
 ExtraData=123456789012345678901234567890
 Pid=12345270

9. サービスパックを適用済みとするためには以下のようにする。(-sに続けてフルパスで)
Windows 2000 Professionalの場合 w2ksp3.exe -s:c:\bcd\cds\w2kpro\files\
Windows 2000 Serverの場合 w2ksp3.exe -s:c:\bcd\cds\w2ksrv\files\
Windows 2000 Advanced Serverの場合 w2ksp3.exe -s:c:\bcd\cds\w2kadv\files\
適用するとCDROMSP3.TSTが出来るので5の手順で使用する

10. それ以外のファイルはインストール時には使用されない。必要に応じてfilesフォルダに入れておいてよい。
latest patches, internet explorer, directx. etc
Windows 2000 Professionalの場合 c:\bcd\cds\w2kpro\files\.
Windows 2000 Serverの場合 c:\bcd\cds\w2ksrv\files\.
Windows 2000 Advanced Serverの場合 c:\bcd\cds\w2kadv\files\.

11. コマンドプロンプトでc:\bcdに移動して以下を実行してCDを焼く
Windows 2000 Professional の場合 bcd w2kpro.
Windows 2000 Server の場合 bcd w2ksrv.
Windows 2000 Advanced Serverの場合 bcd w2kadv.

12. しばらく待てばブータブルなWindows2000SP3のできあがり!
[PR]
by sendo6 | 2004-10-30 13:14 | パソコン

ウイルス退治完了

先回書いたウイルスが除去できました。
調べてみるとどうもCoolWebSearch系と呼ばれるスパイウェアのようだ。

実は前回、最初に試そうとした無料スパイウェア除去ソフトはAD-AWAREとspybotというソフトなのだが、そのときはどちらもダウンロードが出来ず試せなかったので、SpywareDocterというソフトを使ってみたのだが結局駆除できなかった。
後で知ったのだがCoolWebSearchはAD-AWAREでもspybotでも駆除できないらしい。

とりあえずIE起動時に毎回表示される英語の検索ページのソースを見てみた。
すると先頭にres=xxxxxxxxという見慣れないタグ(xxxxxxの部分は実際は%+2桁数字の繰り返しなのでUTF-8エンコードされた文字列らしい)がある。このUTF-8文字列を解釈してみるとwindowsフォルダの下のsystem32フォルダにあるagnp.dllというdllを指していることがわかった。そこでこのdllをリネームしてみると現象がおきなくなった。やれやれ。これで解決か!?

ところが今日改めて試してみるとまた症状が再発している。うーんおそるべし。いったいどうやって復旧?しているのか。やはり専門の駆除ソフトが必要だ。ということで再度調べてみるとあっさり見つかった。CWShredderというソフトでこれもフリーソフトだ。ホントにありがたいこってす。ウイルス○スターなんかが1万円近い金取ってるのが詐欺に見えてきます。(まあメンテ大変なんでしょうけどね)

でこれを試してみるとあっさり駆除成功。助かりました。どうもマイクロソフトのJavaVMのバイトべリファイアバグ(だっけ?)を利用したスパイウェアだとか言う説明まで表示されてとっても親切かつ簡単明快なソフトでした。

同じ病気にかかっている人の参考になればと思い、あえて恥をしのんで日記に記しました。
[PR]
by sendo6 | 2004-07-05 23:05 | パソコン
a0025661_231848.gif
サブマシンが何とか動くようになったのもつかの間、今度はメインマシンがウイルスかスパイウェアかに感染してしまった!IEを起動するとかならずどこかの英語の検索サイトが開きURLはabout:blankとなっていて「おまえはスパイウェアに感染したからここへ行け」のようなポップアップメッセージ(冒頭のようなやつ)が出る。
自分はsleipnirを主に使っているのだがこちらはちょっと状況が違っていてポップアップが出るときと出ないときがあったのだがいろいろやってるうちに、このせんどー日記以外ではポップアップが出なくなった。
といってもこの日記に対しては必ずポップアップが出てうざいので何とかせねば。まずはローカルのフリーHTTPプロキシを立ててブラウザから日記にアクセスしたときのHTTPのログを取ってみた。ちょっと怪しげなクッキーができることとと、ポップアップのパターンは数通りあってそのJScriptのソースを生成して送るさまが見て取れた。IEではわからなかった送りつけもとのIPもわかった。
でもそこまで。対策はわからない。一応フリーのスパイウェア駆除ソフトを試してみたのだが、ある程度は駆除したようなのだがどうしてもこの日記のポップアップが消せない。いまのところsleipnirのポップ禁止URLに登録して出ないようにはしているものの、一瞬ポップを表示しようとしているのでどうにも気持ち悪い。ちなみに現在はサブパソコンで記入している。ああ困った。誰かヒントだけでもいいから助けてくれい。
[PR]
by sendo6 | 2004-07-04 22:59 | パソコン
部品が届いたので早速アスロンマシンの組み立てに入った。

水曜日。まずマザーにCPUを取り付け、アルファのヒートシンクを取り付けた。
ヒートシンク取り付けは簡単な部類に入るものだと思うが、コア欠けとかの話もあるので慎重に。ただしよく言われるグリスを薄く塗るなんてことはせずごく普通に塗った。
圧着する際に余分なグリスは押し出されるので特に薄く塗る意味はないらしい。

とりあえず裸基盤のままメモリとCPUとVGAだけセットして電源をつないでスイッチオン。あれ。BIOS画面出ません!?
でもこれはテストのためつないだBNCケーブルのVとHが間違ってる可能性もあるので少々不安だがとりあえずケースに収めてしまうことにする。
ふつうはここでVとHを入れ替えてみるんだろうがめんどくさかったので、その日はそこで寝てしまった....

さて今日、土曜日、ケースに収めて電源を入れるとみごと起動。(モニタケーブルはKVMスイッチ付属のDSUB15ピンなんで、水曜日のBNCケーブルの問題は不明のままです。)なんと今まで使用していたWinXPのHDDもそのまま使えてしまった。マザーとCPUを変更したので再インストールを覚悟していたのにXPえらい。普通は再インストールするものだが面倒なので問題なければこのまま使ってしまおう。

しかーし、問題発見!。クロックが1.1GHzと表示されている!?アスロン2500+の2500はクロックではないぐらいは知っていたものの1.1ってのは変だよね。調べてみるとアスロンXPはなんかややこしいことに2500+の実クロックは1.8GHzなら正解でその場合のFSBは333MHzでそのためには外バスクロック166MHzの供給が必要ということがわかった。

で、ここで始めてまともにマザーの説明書を見てみると...なんといまどきクロックを変更するためにジャンパ設定が必要なことを発見!。いやAOPENの名誉のため正確にいいなおすとBIOSでもWinからでも1MHz単位でGUIで変更できる「ジャンパレス設計」なのだが、そのベースとなる外バスクロックをジャンパ設定する必要がありそれが100、133、166、200MHzのジャンパ設定となっていたのだ。そしてデフォルトでは100MHzになっているので本来166x11=1.86GHzで動く2500+は100x11=1.1GHzで動作していたというわけ。どうりでCPU動作温度が低いと思った(笑)。それにしても1.1GHzでも問題なく動くんだね。

あーこんなの素人にはわからないよ、オートなら全部オート、ジャンパなら全部ジャンパにしてよと思いながら166MHzに直して再起動。無事1.86GHz動作になりファンは少しうるさくなりCPUも2500+と表示されるようになった。アルファのヒートシンクの威力かCPU温度も50度以下でまずは合格点。めでたしめでたし。

ところであとひとつ問題が残っていて、うちはUSBキーボードのKVMを使っているのだがOS起動後は使えるがBIOSにはいるためのDELキーが利かない。いや正確に言うと使えるときと使えないときがあってこれがよくわからない。今はBIOSにはいるたびにPS2キーボードもつないで使っているが不便この上ない。これは今後のねたにしておきましょう。
[PR]
by sendo6 | 2004-07-03 10:20 | パソコン
子供パソに母板と脳みそをとられてさびしいおとさんのサブパソコン。しくしく。
いてもたってもいられず早速新しいパーツを購入しました。(といっても発注しただけ)

●Athlon XP2500+ バルク AMD @7,790×1=7,790
●AK77-600N(J) AOpen @7,040×1=7,040
●PC-3200(400MHz) DDR SDRAM 512MB CL3/NB @7,970×1=7,970
●ヒートシンク S-PAL8045F アルファ @4,040×1=4,040
[合計]26,840円 (税込)

とにかく急な出費で今メモリは高いというしPCI ExpressやシリアルATAも中途半端な状態なので、とりあえず最新のトレンドは無視、コストパフォーマンス最優先で選んだ結果、K6-200以来のAMDに手を出すことになりました。だってインテルは倍ぐらいするからね。

メインパソコンがセレロン2GHzなのでサブのほうが早くなっちゃうな。静穏にこだわる自分(写真のセレロン300A以降作ったパソコンはすべてCPUファンレス!)としては出来ればファンレスでいきたいところだが、いくらアルファのヒートシンクおごったとはいえファンなしでは夏乗り切りは厳しそう。ということでとりあえずアルファヒートシンクに手持ちファンRDL8025Sをつけて使ってみるつもりです。
[PR]
by sendo6 | 2004-06-28 23:46 | パソコン